あなたのカラダ、正しく機能していますか?トレーニングの前に、自分のカラダを知るべき理由 | Delta Talk Vol.6 – 菅原順二(ReebokONEアンバサダー)×鈴木岳.(R-body project代表)

リーボックのブランドアイデンティティであるデルタロゴは、フィットネスがもたらすベネフィット「フィジカル(カラダ力)」「メンタル(精神力)」「ソーシャル(人との結びつき)」の3要素を表現しています。

それらを体現している多彩なゲストが語る対談シリーズ「DELTA TALK」の第六弾は、Reebok ONEアンバサダー/パーソナルトレーナーとして活躍する菅原順二をホストに、数々のトップアスリートを支えてきたR-body project代表の鈴木岳.さんが登場です。

”カラダの現状把握”の重要性

本日のメインテーマは、”カラダを知るコト”です。数々のアスリートやトレーニーを抱えるお二人ですが、自分のカラダについて知っている人は、どれくらいいるものなのでしょうか?

鈴木う〜ん、全然知らないと思いますね(笑)。今でこそR-bodyのような施設でトレーナーがカラダをチェックして「問題がありそう」「このままだと怪我をするかもしれない」と、”現状把握”をするようになりましたが、ここ最近の話ですね。15年前は「自分のカラダの現状を把握しよう」っていう発想すらなかったんじゃないかと思いますね。

菅原アスリートも案外、自分のカラダを全然わかっていないんですよね。カラダのことを知らなくても、できちゃうから(笑)。でも、考えていないから、怪我をしてしまうんです。僕自身、現役を引退してピラティスに出会ってから「自分のカラダってこんなに動かないんだ」って気づかされましたし。お客様やアスリートにこの気づきを与えること、カラダについて考えるきっかけをつくるのが、僕たちトレーナーの大事な役割なのかなと。

鈴木そうだよね。僕はアメリカで、怪我をした選手のリハビリを担当するアスレティックトレーナー(ATC)として働いていたのですが、痛いところを何とかケアして、試合に出られるようにして、また痛くなって、っていうサイクルの繰り返しで…。それよりは怪我をしないカラダをつくった方が良いと考え、痛い/痛くないではなく、今のカラダの状態を把握することが大切だと思うようになりました。

菅原例えるなら”車検”ですよね、カラダのチェックとメンテナンス。同じようなトレーニングをしても、感覚や再現性には個人差があるので、カラダをどう動かしているかを知ることがパフォーマンスアップにはとても大切。ブランクに陥った時、感覚だけでカラダを動かしてきた人は、調子が悪い時に自分のどこがおかしいのか、ブレイクダウンできなくなります。

鈴木その最悪のパターンが”イップス”ですよね。痛みはないけど、カラダがうまく動かせない=機能不全に陥った状態です。何かいつもと違う、思っているようにカラダが動かせない、ということから始まりますが、レベルが高い人になればなるほど、案外小手先だけでもなんとか対処出来てしまうんですね。でも、そこに再現性がないので、また分からなくなって、どんどん混乱していく。自分のカラダや動きを常にチェックして理解していれば混乱することはないし、イップスになることは少ないはずなんです。

鈴木 岳.

株式会社R-body project代表取締役/PhD, ATC, FAFS, CSCS, FMS/SFMA, PESアスレティックトレーナー 米ワシントン州立大学卒業。帰国後、1998年より全日本スキー連盟専属トレーナーとなり、上村愛子、里谷多英など多くのアスリートの活躍を支える。その後筑波大学大学院にて博士(スポーツ医学)号を取得し、トレーニング理論やスポーツ医学に関する執筆も数多く行う。
2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロオリンピック大会の日本オリンピック委員会(JOC)本部メディカルスタッフ。東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会大会準備運営第一局(医療)アドバイザー。

毎日同じことをしていると、変化に気づくことができる

イップスやスランプに陥ったアスリートには、どうアドバイスしていますか?

菅原一般的にトレーナーは競技スキルに介入しない方が良いと言われていますが、自分はそう思っていなくて、競技のド素人だらこそ、言ってもいいことがあると思っています。固定概念にとらわれることなく、カラダの状態や動きをみて気づいたことを率直に伝えるように努めていますね。

鈴木僕はひとつだけ決めていることがあって、メンタルで混乱している選手に、メンタルの話をしないようにしています。自分だったら落ち込んでいる時にメンタルトレーニングを熟知していないトレーナーからメンタルについて何か言われても、「お前に何がわかる?」ってなりますから(笑)。
僕はアスレチックトレーナーなので、カラダの状態、ここは動いているけどここは動いていない、など、アスレチックトレーナーの視点に基づいて、神経・筋・骨格のことについて起きている客観的な事実だけを言うようにして、そこから選手とともに解決の糸口を見出すようにしています。

カラダの”現状把握”は、どれぐらいの頻度で行なうものなのでしょうか?

鈴木カラダは常に変わっていくので、コンスタントに動作評価する必要があります。R-bodyの施設を利用するお客様の場合、現状把握の時間を設けるのは2~3か月に1回ですが、きちんと動作評価が出来るトレーナーからすれば、トレーニングそのものがチェックになるので、毎日のトレーニングそのものが評価になります。「とりあえずこれをやって」ではなく「なぜこれをやるか」。やってみてできない理由はどこにあって、問題があるのか。日々、現状把握しているようなイメージですね

菅原ピラティスの良いところは、ルーティン化できるところ。毎日やれることが重要ですね。そうすると、”今日は”回旋してないとか動きが良くないとか、状態がわかりやすいんです。そのうえで、悪いなりに調整し、悪いなりにパフォーマンスを出す方法を自ら考えるようになれるんです。

鈴木毎日同じことをしていると、変化に気づくことができる。ゴールは、「今日のカラダはこんな状態だからこれをやろう」と、自分のカラダを自分で管理することなので、トレーナーがいないと何もできないとか、トレーナーに依存するのではなくて、自分で考えられるように指導する必要があると思いますね。

菅原 順二

ReebokONEアンバサダー/トレーニングスタジオ aranciaオーナー
法政大学ラグビー部を経てニュージーランドにて2シーズンプレーする。帰国後、法政大学ラグビー部のヘッドフィジカルコーチとして活動を開始、プロアスリートからダンサー、モデル、女優などのパーソナルトレーナーとして、「理想の姿勢と無駄のないカラダの使い方」を追求。Body Element System Japan(BESJ)ピラティス、マスターストレッチ、ボディキー、Tye4の指導者育成・普及・ワークショップの企画・運営にも携わっている。

コンディショニングは、生活の質をあげるために必要なこと

「コンディショニング」について、お二人の定義を聞かせてください。

鈴木「コンディショニング」はもともとアメリカの「ストレングス&コンディショニング」という一対の概念からきています。僕もアメリカでその考えを学び、日本で約20年間活動してきました。
最近、海外で講演する機会が増え、その中で気づかされたのですが、僕たちの考えはいつしか、ジャパンオリジナルの「コンディショニング」になっていたんです。そうして辿りついたコンディショニングとは、「痛みなく自分のカラダを自由自在に操れるようにしておくこと」。つまり「生活の質をあげるために必要なこと」だと、僕は考えています。だからこそ、アスリートだけでなく、一般の方にもコンディショニングは必要ですし、コンディショニング人口は絶対に増えると思います。生活の質をあげるために必要なことですから。
生活の質を上げるためにフィットネスをする気にはならなくても、コンディショニングで痛みのないカラダを手に入れたい、という人は必ず増えてくるはずです。

菅原ピラティスもヨガも、もともとは生活の質をあげるためのコンディショニングだったはずですが、いつしかスキルを競うようなスポーツになってしまいました。だから、怪我も増えた。クロスフィットで怪我をするのも、あれは競技だからです。競技やスポーツがダメだという意味ではなく、スポーツを始める前に、もっとやることがあるということなんですよね。

鈴木例えばクロスフィットは、ファンクショナルトレーニングの集大成で、あれはカラダの機能をあげるために素晴らしいものです。でもその前に、関節が正しい動きをしているかを知り、動かし方を知らないと、どんなに筋肉をつけてもパフォーマンスにはつながりません。
この「技術」「トレーニング」そしてカラダの動きを知る「コンディショニング」の3つが結びついていないことが多いんですよね。

鈴木さんが提唱するウェルネスピラミッド

”オタク集団”で終わっては、トレーナーに未来はない

昨今、短期間で取れるトレーナー資格もありますが、トレーナーが増えることについてはどう考えていますか?

菅原僕はいいことだと思っていますし、どんどん増えて欲しいですね。2日間の研修で資格を取ってトレーナーを名乗ったとしても、どのトレーナーを選ぶか、良い/悪いを決めるのは、お客様ですから。例えば僕はオフィスワークを経験したことがありませんが、オフィスワークの経験がある人がトレーナーになり、お客様の気持ちに立って活動すれば、僕が救えない人を救えるかもしれないですし。

鈴木僕も、増えるのは良いと思いますね。それだけ、カラダについて知る人や考える人が増えることにも繋がるから。狭い世界でいろいろ言うよりも、まずはパイを広げること。そしてパイを広げた後に初めて、その中でホンモノかどうかの勝負の時が来ると思っています。間口は広くても、この世界は物凄く奥が深いですし、知識量によってできる仕事も変わりますからね。

スポーツトレーナーの価値を高めるには、何が必要でしょうか?

鈴木僕たちは、”運動”に関しては相当なことができるという、誇りとプライドを持っています。だからこそ、「トレーナーなんて大したことない」って言われることに対して、ものすごく拒否感や恐怖感があるんですよね(笑)。医者への妬みのような。だから、持っている知識を難しく話したがる傾向がある。また、得た知識を、どうビジネスにするかは関係なく、とにかく知識を増やすことだけにフォーカスしてしまう場合も多いように思います。もっとクライアントの視点を持つべきだと思います。お客様がいて、僕らトレーナーがいて、お客様のカラダが変化して、そこで初めて「トレーナーって凄いね!」ってなるんです。自分の知識がどんなに増えても、それだけでは評価はされない。知識の”オタク集団”で終わってしまっては、トレーナーに未来はないと思います。
そういう「お客様のニーズがどこにあるのかを考え、何を提供してどう結果を出すか」という視点を多くのトレーナーが見逃していることに対しての危機感はありますね。R-Bodyでは知識だけでなく、それを用いてどんな変化が起きたかを検証して、結果を出すことを重要視しています。

菅原僕は、もっと幅広く、いろんなトレーナーがいてほしいと思います。例えばフィットネスクラブで50人とか100人とかを対象にレッスンしているトレーナーって、本当に凄いと思うんです。でも、パーソナルトレーナーは、そういった人を見下すようなところがある。でも、それっておかしなこと。対象者も年齢も違う100人ものお客様を一気に満足させる、動かすことって、本当にすごいと思いますね。

教えられる側にも資質が問われる時代、「コーチャブル」という概念

トレーナーとお客様とは、どのような関係でいることが大切ですか?

鈴木教える人=トレーナー、教わる人=お客様という関係はありますが、どちらが偉いとかではなく、お互いが尊敬する関係でなければ、良い結果は出ません。最近は教わる側の能力の概念として「コーチャブル」という言葉があるのですが、これは、トレーナーの能力を最大限引き出すのもクライアント次第、という考え方です。
お客様がより充実した指導を受けるために、その環境をお客様自らがつくり出す。トレーナーの知識・技術が120%出るような関係をつくることは、お客様にとって最もハッピーなことだと思います。もちろん、トレーナーは謙虚であるべきですが、コーチャブルなクライアントをつくることも、これからはとても大切になってくると思います。

菅原お互いが尊敬しあうって、本当に大事。「あのお客様は教えにくい」とか、お客様のせいにしているトレーナーもいますが、どちらもアンハッピーですよね。コーチャブルなお客様は、トレーナーからすると気持ちよく踊らされてしまった、またいっぱい話しちゃったみたいな、聞き上手で話させ上手な人ですね。

日本のコンディショニングは世界に通用する

では最後に、お二人の今後の展望や目標を聞かせてください。

菅原僕はなぜトレーナーをやっているのかというと、もっとカラダについて学ぶ環境があったら、違ったアスリート人生を歩めたかもしれない、という想いがあるから。そういう思いをするアスリートを減らしたいと思っています。
もうひとつは、子どもの頃に、好きなスポーツに出会える子を増やしていきたいですね。自分みたいにやりたいことを見つけて、勉強して生きていく。それが、僕らがトレーニングを通じて世の中への貢献ができる方法かなと思っています。

鈴木僕はまず、トレーナーの価値や認知を高めたい。2020年の東京はトレーナーの価値や認知を上げるには絶好の機会ですが、大事なのはその後。トップアスリートがやりこんでいったコンディショニングが、一般の人たちに落とし込まれて、世の中に浸透させていく必要がある。生活の質をあげるために、快適に人生を送るための土台になるべきものですからね。
海外で講演をやってびっくりするんですが、日本のコンディショニングサービスは間違いなく世界に進出できる。特にセラピストなんかは、間違いなく日本人が世界一ですよ。ヨーロッパ行ってもアメリカでもとにかく評価がたかくて、実証済みなんです。もともとコンディショニングはアメリカから日本に入って来ていると思いますが、日本はそれをさらに進化させて、今では立派なジャパンオリジナルになっていると思います。日本のようにちゃんとコンディショニングを定義して、体系立てて展開しているところはないんです。絶対いけると思っています。
日本人トレーナーにとって、今は海外が学ぶ場所ではなくて勝負する場所になってきている。日本人トレーナーが世界に出ていくことを目標にしてやっていきたいですね。ジャパンオリジナルのコンディショニングとトレーナーが世界に進出して、羽ばたく日は近いと思いますよ。

Recommend Contents

product