【国内100足限定】驚異の軽さと走りを実現- リーボックレース用シューズ「フロートライドランファスト プロ」予約開始!

ご予約は、KOIKE SPORTS または リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ にて!

リーボックが昨年来手がけてきた長距離専用シューズ、フロートライド。このシリーズに、スピードに特化したシューズ「FLOATRIDERUNFAST PRO (フロートライドランファスト プロ)」が登場!

長距離レースに勝利するため、リーボック史上最軽量に挑戦し、約100g(27cmの場合)の競技用シューズとなった。軽量化のみならず、クッション性、反発性も両立している点が特徴である。

国内では限定100足のみ発売されるこの「FLOATRIDERUNFAST PRO」は、6/29(金)より先行予約開始、 7/6(金)より限定店舗で販売開始となる。

プロトライアスリート戸原開人選手
長崎で行われたロングディスタンスの世界大会で見事優勝!

FLOATRIDERUNFAST PRO(フロートライドランファスト プロ)の使用感とは?

“ミドルのレースで、ソールが薄い軽量なフロートライドランファスト プロを使用することに多少の不安はありましたが、練習でのフィーリングから大丈夫だろうと感じ、バラモンキングでも使用することにしました。この判断は結果的に大正解で、バイク後の疲れた状態でも足が良く動き、靴下はいて21キロ良い感じに走れました。懸念していたレース後半(ラン10㎞以降)もペースダウンすることなく、200g程度のシューズと比べでも、レース後のダメージも変わらない感じです。7月のITUロング世界選手権で30㎞走りますが、そこでも使ってみようと思います!” – 戸原開人

戸原開人(とはら・かいと)

中学・高校時代はテニス部に所属。順天堂大学でも最初はテニス部に所属したが、雑誌でアイアンマン・ハワイ(コナ)の存在を知り、ロングディスタンスの頂点を目指したい、とトライアスロンの道へ。昨年、大学卒業後から所属していた湘南ベルマーレトライアスロンチームを離れ、独立しフリーのプロトライアスリートに転身した。宮古島大会は2015・2016年に連覇。ロング復帰戦だった今回は2位に入っている。1989年、横浜市生まれ。

「確かに軽い!」- エリート市民ランナーがフロートライドランファストプロを試し履き!

動画提供元:ランネット

ランナーの声

「自然に足が前に出る感覚。クッションもある超軽いスパイクを履いてる感じ。レースで試したい。」
(男性 30代 2時間34分)

「他ではないくらい軽くて衝撃的だった。あれだけ軽ければ、履いてる感じがなかったのですごいタイムが出せそう」
(男性 40代 2時間33分)

「軽さと反発力の両方があったのは驚き。リーボックはレース向きではないと思っていたが、今回のシューズはレースで使ってみたい。」
(男性 50代 2時間58分)

「非常に軽くて履きやすい。トラックで5000m、10キロやハーフマラソンでも、ぜひ履いてみたい。」
(男性 40代 2時間29分)

「フロートライドを履いたときに、この軽さを残してクッション性を残したシューズがあればレースで履きたいと考えていた。まさにその通りのシューズ、待ってました!」
(男性 50代 2時間33分)

「クッション性があって脚を守ってくれる感じがする。軽さが不安にならない1足です!」
(女性 40代 2時間50分)

「勝負レースにぜひ履きたいです。」
(女性 40代 3時間50分)

国内では限定100足のみ販売!
6/29より予約受付・7/6販売開始

FLOATRIDERUNFAST PRO(フロートライドランファスト プロ)

◆サイズ:23.5cm~31.0cm
◆ 価格:25,000円(税抜)
◆ 品番: CN7006

販売店舗

KOIKE SPORTS
・リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ
・リーボック オンラインショップ
(6/29 11:00am予約受付開始)

あわせて読む

「FLOATRIDEFAST PRO」と同時に7/6発売となる「FLOATRIDEFAST(フロートライドファスト)」

早い走りを目的に設計されており、テンポ・ランでのトレーニングやマラソン大会前のスピードアップトレーニングに最適となるシューズ。

詳しく見る

トップトレーナーと世界で戦うトライアスリートが語る、ランニング&トレーニングシューズの選択法

ランニングやトレーニングに用いるシューズはどう履き分けるべきなのか、またトレーニングとシューズの関係性とはどんなものなのか?

詳しく見る

Recommend Contents

product