リサ・オズボーン:母として、インストラクターとして。レズミルズが人生にもたらした変化とは

リーボックがサポートしている「レズミルズ」は、112ヶ国、約15,000ものフィットネスクラブで楽しまれているニュージーランド発祥のグループフィットネスプログラム。 去る2017年11月18日(土)に開催された「Les Mills Live Tokyo」には、延べ4,200名が参加し、世界で活躍するトッププレゼンターによるプログラムを多くの人々が体験。イベント参加のため来日したプログラム・ダイレクターであるリサ・オズボーンにインタビューを敢行しました。

■プロフィール

リサ・オズボーン(ニュージーランド)

BODYATTACK™ プログラム・ディレクター / BODYSTEP™ クリエイティブ・ディレクター

エアロビクスのオーストラリア国内選手権で5年連続優勝、国際選手権でも3度の優勝。リサはフィットネスとレズミルズプログラムを情熱的に支持している。彼女のエネルギーに溢れ、やる気を引き出すようなティーチングスタイル、そして健康的な身体はまさにBODYATTACKの理想的なリーダー。ニュージーランド・オークランド拠点。

リサはエアロビクスの世界チャンピオンでした。どのようなきっかけでレズミルズのインストラクターになられたのですか?

リサ1996年、レズミルズのプログラムが、発祥の地であるニュージーランドからオーストラリアへ来た時です。当時、私はエアロビクスのオーストラリア国内チャンピオンであり、世界チャンピオンでもあったのですが、「レズミルズのインストラクターとして働かないか?」と、スカウトをしていただきました。
2000年にレズミルズのBODYPUMP™トレーナーになり、その後BODYSTEP、BODYATTACKのインストラクターに。2002年からは、インターナショナルマスタートレーナーとして世界中でレッスンをするようになりました。レズミルズでは3か月に1度、最新の楽曲と振付が提供されるのですが、今は、この選曲と新しい振付を行なうプログラム・ディレクターも務めています。

今日もリーボックのシューズを愛用してくださっていまが、どのような点が気に入っていますか?

リサリーボックには、レズミルズの公式ウェアやフットウェアのサプライヤーとして、全世界で活動をサポートしていただいていますが、私とリーボックのつながりは、エアロビクスのチャンピオンだった頃からで、ずっとシューズを愛用しています。レズミルズを始めたのと同じ1996年、日本で開催されたエアロビクスのワールドカップでチャンピオンになったのですが、その時もリーボックのシューズを履いていたんですよ。私にとっては「プリンセスシューズ」です。

リサ愛用のシューズ「フロートライド」

リサからのメッセージ:

Les Mills Live Tokyoには、「フロートライド」を履きました。このシューズはとても軽くて動きやすく疲れにくいです。トレーニングの日も、ランニングやウォーキングをする日も、いつもこのシューズを履いています。これは友人の話ですが、マラソンを走った後、レズミルズのプログラムに参加できるぐらい、このシューズは丈夫なんです。とても気に入っています。

フロートライドについてもっと詳しく知る

世界中にフィットネスを。レズミルズがフィットネスの世界を変える。

リサにとって、レズミルズの魅力はどのようなところですか?

リサレズミルズのプログラムに参加することは、ただ運動をする、ワークアウトをするだけではなく、レズミルズファミリーの一員になるということです。ひとりではなく、みんなでワークアウトし、同じ時間を共有することで、社会の中に家族ができるようなイメージですね。これがレズミルズの大きな魅力です。社会の中にあるコミュティ、レズミルズファミリーの一員になれたことがとても嬉しく、私の人生にも大きな変化をもたらしました。

 

生き方や考え方など、影響を受けた人はいますか?

リサ私がワークアウトを始めたのは、実父の影響です。実父は、昔から毎日ジムに通ってトレーニングをしているのですが、80歳になった今も、毎日のトレーニングを欠かしません。時に、「リサ、ちゃんとトレーニングしているか?」と、電話をかけてくるんです(笑)。実父の元気な様子、パワフルな姿を見ていると、健康のためにはワークアウトが重要なんだと感じますね。

もう一人は、ジャッキー・ミルズです。ジャッキーは、レズミルズのチーフクリエイティブオフィサーであり、レズミルズインターナショナル創設者の妻です。私たちインストラクターを、家族のように大切に温かく包み込み、信じてくれる。レズミルズファミリーのお母さんのような存在ですね。さらに、「フィットネスの世界を変える」という、とても強い意志、ビジョンを持って活動されています。ご自身もプログラム・ディレクターなのですが、ジャッキーが考えたプログラムは、人々がより健康的に、よりポジティブになるように構成されている、とても魅力的なものです。ジャッキーの人柄、レズミルズや健康への想いを私たちが受け継ぎ、さらに良いプログラムにしていこう、もっとたくさんの人にレズミルズを知っていただこうと、活動しています。

 

リサは、ママであり、プロアスリートであり、プログラム・ディレクターでもあります。とても忙しい中でどのように時間を管理し、どのようにモチベーションを維持していますか?

リサ効率的に進められるようにしっかりと計画を立てて、自分の予定を毎日必ず確認しています。

一番大切なのはママとしての時間で、まず子供たちを起こして食事を用意する。学校に送り出して、それからトレーニングをしたり、仕事に行ったりします。1日の中でも、時間や場所、誰と一緒にいるかで、求められている役割が違うことをしっかりと自覚し、今はママの時間、今は仕事の時間など、ひとつひとつ気持ちを切り替えて取り組んでいます。
いろいろな役割があって、とても忙しいですが、家族やレズミルズファミリーがいるから、みんなの笑顔があるから頑張れるんです。みんなが幸せになるために、できる限りのことはしてあげたいし、みんなの期待にも応えたいという想いがあるんです。みんなの笑顔が、私のモチベーションですね。

リサのプログラムを体験する方には、どんなことを感じてもらいたいですか?

リサ1つ目は結果。ダイエットでも筋力アップでも、身体の変化はもちろん感じてほしいですが、とにかく結果、目標を達成してほしいです。2つ目は、素晴らしい時間をみんなで過ごしてほしいです。レズミルズファミリーと一緒にいる時間を楽しんでもらいたい。そしてエネルギーを共有していただきたいと思っています。そして、3つ目は笑顔です。笑顔を持って帰ってほしい、ハッピーになってほしいですね。

何か嫌なことがあって落ち込んでいても、レズミルズの音楽を聴いて身体を動かし、声を出して汗を流せば、頭もすっきりするし、ワークアウトに集中すれば嫌なことには忘れられるはずです。そして、レズミルズファミリーに会えば元気になれる、強くなれるはずです。だから、ぜひ、みなさんにレズミルズのクラスを体験してもらいたいですね。

リサ着用商品をチェック!

レズミルズ パーフォレイティッドタンク

オンラインショップへ

レズミルズ アクティブチルタンク

オンラインショップへ

フロートライド

オンラインショップへ

Recommend Contents

product