【interview】ヨガを深めて「生きることそのもの」と向き合っていく - 芥川舞子さん

「自分らしさを見失い、まわりの目を気にしてばかりいた時に、もっと自分に自信を持てるように、人やカメラの前で自分を表現できるように、心身ともに鍛えるためにヨガを始めた。」

と言うのは、ヨガティーチャーの芥川 舞子さん。

芥川さんにとって、ヨガとは、「日常生活に溶け込むもの、生きることそのもの。」だと言う。

「全部を完璧にできないということを受け入れて、ほかの人の力を借りながらやるようにしている」と言う芥川さんは、インストラクターの傍ら、子育ても両立。

そんな芥川さんのインタビューでは、家族との摩擦、日々のジレンマとヨガとの関係や、今後の展望について語ってくれている。

【interview動画】芥川舞子さん

PerfectNever関連記事を読む

ジジ・ハディッド、フィットネスで不屈の精神を磨く

詳細を読む

#PerfectNever ~完璧でないことに自信を持つ~

詳細を読む

ジジ・ハディッドリーボックのグローバルブランドアンバサダーに就任!

詳細を読む

Recommend Contents

product