BODYPUMP™25周年記念。マスタートレーナーたちに聞く、BODYPUMP™の歴史と魅力

動画で紹介されている7つの動作は、レズミルズの25年間におよぶBODYPUMP™プログラムを語るうえで欠かせないムーブメント。同時に、BODYPUMP™の人気の理由がここに隠されています。

25周年を迎え、次回でコリオ100を迎えるBODYPUMP™に対し、世界のマスタートレーナーや研究責任者の方々からコメントが寄せられています。

BODYPUMP™とは

大腿部を強化するワークアウトや、オリジナルのダンベルを使ったダンベルワークアウトなどで構成。この常に高い運動量こそが、BODYPUMP™の特徴であり魅力です。

レズミルズプログラムの生みの親であるニュージーランドのミルズファミリーは、アスリート一家。20年以上前に彼らが運営するジムで始めたダンベルクラスは、効果の高さで評判となり、それがBODYPUMP™誕生のきっかけになったといいます。

BODYPUMP™という独創性あふれるフィットネスクラスが始まってから25年。小さなジムから始まったシンプルなクラスが、いまでは世界中で支持される巨大なフィットネスプログラムに成長しました。

BODYPUMP™25周年によせて

BODYPUMP™のマスタートレーナー、リサ・バンクストンからのコメント

「考案者であるフィリップに・ミルズ氏は、フィットネスをする人々のニーズをわかっていて“どうすれば彼らをサポートできるのか”を真剣に考えたのだと思います。誰かの手助けをしたいという気持ちから生み出されたものは、説明し難い成功を収めるものです。

BODYPUMP™の人気が長く定着しているのは、参加した人々がワークアウトのパワーを信じて、結果を実感し、それを仲間にもシェアしたいという気持ちがあるからだと思います。

私たちインストラクターの大多数が、自身もクラスを受けた経験があり、誰かの助けになりたという思いでインストラクターになった人ばかりです。BODYPUMP™は今後も誰かの助けになりたいという人を増やし続け、あと25年は続くに違いありません!」

レズミルズの研究責任者、ブライス・ヘイスティングスからのコメント

「25年前、レズミルズの創業者はウェイトトレーニングに欠けているものを見つけ、誰もができるプログラムを作ることでその穴を埋めようとしました。

BODYPUMP™は、普段ウェイトトレーニングをしない人でも参加でき、ウェイトをたくさん上げなくてもレジスタンストレーニングの効果を感じることができます」

BODYPUMP™のマスタートレーナー、ニッキー・シュルツからのコメント

「レズミルズは、コミュニティがすべてです。グループフィットネスの人気が長く定着している理由は、ひとりひとりが周囲の人とコミュニティを築き上げていくからです。そのコミュニティは蜘蛛の巣のように広がり、繋がっています。グループフィットネスのクラスは、人との繋がりを感じることができる、職場、自宅以外の第3の居場所になっているんです。

人々がプログラムを通じて心身を鍛え、進み続け、日々目標を語り合う。これを実現したBODYPUMP™は、最高の成功を収めたといえるでしょう。」

BODYPUMP™のプログラムディレクター、グレン・オスタガードからのコメント

「レズミルズプログラムについてよく知らない人に説明するならば、BODYPUMP™は音楽に合わせて低負荷高回数のウェイトトレーニングを行うプログラムです。

BODYPUMP™のように、連続したウェイトトレーニングで筋持久力を高める運動はほかにありません。1回のクラスで800〜1000回繰り返すこともあります。一般的なジムでマネをすることは難しい動作だといえるでしょう。

ひとつのプログラムがここまで長きにわたり成功を収めていることは、フィットネス界にとっても本当に記念すべき出来事です。

BODYPUMP™は、フィットネスという形で作られたコミュニティでの共有体験を通じて参加者が一体となり、ともに成長していくというプログラム設計がその魅力です。そしてBODYPUMP™のインストラクターのネットワークが、人々が繋がるための道を切り開いているのです。」

レズミルズ マスタートレーナー、エレミヤ・エヴァンスからのコメント

「レズミルズの信頼できるプログラム構成が、BODYPUMP™の人気を支えています。

BODYPUMP™は、初心者でも簡単に始められるプログラムです。プログラムの構成が変わらないので、参加者はどんなことをするのか予想できます。一貫性があるからこそ、長く支持されているのだと思います。

レズミルズのプログラムでは、わからないことがないよう説明してくれる人や、モチベーションを上げてくれる人がいます。このことは人々が絶えず戻ってくる後押しになっています。自宅でやるワークアウトよりも多くの経験が得られます。

Recommend Contents

product