旅行で使えるレギンスコーデ – 海外で人気のアスレジャースタイル

飛行機に乗るときは、スタイルも軽やかにキメたいけれど、旅行となると目的地までの機内での着こなしは、快適さが何より大切。ジーンズはタイトすぎるし、スカートは荷物を運ぶときに適さない。「空港のターミナルを急いで通るとき、機内で眠るときなど、どんなシーンにも合うようなスタイルが一番。」そう話すのは、リーボックのスタイリスト、ローラ・ライドン。

「ルックスや快適さをあきらめることなく、A地点からB地点へと同じスタイルで移動できるアイテムとは・・・?」そう、そこでレギンスが登場。

「レギンスは旅行や移動にとても適しています」と話すローラ。
「ドレスアップしたいときも、カジュアルに着こなしたいときにも活躍するレギンスは、誰もが必ず持っているべき多才なアイテム。」

レギンスはパンツではないと思う人もいる一方、レギンスを活用したスポーツミックスのスタイルは、最近「アスレジャー」としてセレブの間でも大人気。リーボックのグローバルアンバサダーでもあるジジ・ハディッドをはじめ、健康的かつ美しいスタイルをキープしているセレブやモデルたちにとって、レギンスはどんなコーディネートにも合うし、どんなシチュエーションでも違和感がない優れモノ。

「移動や旅行の時の私の定番スタイルはレギンスにグラフィックTシャツ、レザージャケットを羽織り、フードパーカーを腰に巻きます」とローラ。皆さんにもぜひ試していただきたい、今回はレギンスを取り入れた3つのスタイリングをローラがご紹介。

ドレスアップ

最初のスタイリングは、快適でありながらもおしゃれなルックスも忘れない、ブラックをベースにした大胆なスタイル。 ブラックで統一することでクラシックにドレスアップが可能。カラーブロックのレギンスとTシャツ、ストラクチャードジャケットの組み合わせがスタイリッシュな着合わせ。

快適なトラベラールック

飛行機に乗るとすぐに眠ってしまうあなたには、このスタイルがオススメ。もたつかず、快適な着心地のスタイリング。ハイウェストのレギンスにクラシックなスウェットシャツを組み合わせて、ライトジャケットを羽織れば、完璧なリラックススタイルに。電車やバスに乗るよりアクティブウォーク派!という方は、足元にウォーキングシューズやランニングシューズをチョイスして。

レイヤードスタイル

最後のスタイリングは、ポップなカラーがユニークなルック。カラフルなレギンスとダークカラーのジャケットのコントラストが新しくてクール。
ReebokのElle ヨガレギンスのポップなカラーがレイヤードスタイルのアクセントに。ゆったりめのパーカーとグラフィックタンクトップを加えるのはアスレジャースタイルの定番。

注目のアスレジャースタイルに人気のリーボックアイテム

北米では、ヨガパンツなどのスポーツウエアが普段着として浸透しつつあり、ノームコアに続く次のブームとして、米国を中心に有力トレンドになっているアスレジャー。

スポーツミックススタイルの1つでもあるアスレジャーは、今後さらに人気を高めそうな予感。とくに、女性であればヨガパンツやレギンスが、男性であればジョガーパンツを使った着こなしが注目。

リーボックのウェアは機能性に加えてデザイン性の高さでも人気。ぜひ、あなたのスタイルにも取り入れてみては?

Recommend Contents

product