モニカ・ローズの夏フェス・スタイルのヒント

ここ数年の音楽フェスティバルの会場は、最新のファッションやトレンドが直に見られる一番ホットな場所。もちろん、今年もそのシーズンがついに到来!

とはいえ、毎年どんな流行を取り入れるかを決めるのが悩みどころ。流行を先取りするのが得意だとしても、フェスティバルのスタイルはまた別次元のもの。

世界の注目を集めるジジ・ハディッドやケンダル・ジェンナーといったイットモデルを手がけるセレブ御用達のスタイリスト、モニカ・ローズに、究極の夏フェス・スタイルとReebok Classic Leather(クラシック レザー)についてインタビュー。プロからのヒントを得て、この夏、皆の視線をひとり占めしてみては?

今年のテーマは、快適さ

「快適であることは、野外フェスではとても重要なこと。会場ではどのくらいの距離を歩くのか皆意識しないと思うけど、長い1日を過ごすわけだから、全体的に快適さがキーポイントね」とローズは言う。

3日間、毎日草地や砂地を歩いたり、駐車場まで戻ったりしていると、当然足や脚は疲れてしまう。快適なフットウェアとして、Reebok Classic Leatherがローズの頼りになるアイテムだそう。

「Classic Leatherはフェスティバルに最適なの。履き心地が快適なうえ、デザインがシックで、どんなスタイルにも完璧にマッチする万能なシューズよ」と彼女。

ローズのファッションレーダーが捉えるいくつかの今年の流行アイテムの中で、その日の主役となり得るものは何か?に目を光らせるよう、アドバイスするようにしているとか。

「フレアドレスや、ベルトのようなアクセサリーがおしゃれね」とローズ。「今年はカラーサングラスに夢中なの。ヴィンテージスタイルがクールよ」

ただし、絶対に不可欠なものは、やはり基本のアイテムだとローズは強調する。

「フェスティバルの3つの基本アイテムは、カットオフデニム、快適な履き心地のクラシックスニーカー、そして、ステートメント・ハットね」「大好きな帽子はいつでも欠かせない!」

今年のフェスティバルシーズンの中から、ローズのお気に入りのスタイルを思い出してもらうと、いつでも彼女のクライアントのスタイルが思い浮かぶそう。とりわけ、最近一緒に仕事をしたモデルの一人から刺激を受けて、究極のフェスティバルスタイルができたとのこと。

「彼女は髪を美しく編み込んでいて、そのヘアスタイルからインスピレーションを受けたの」と彼女は言う。「90年代のリサ・ボネットのようなスタイルにして、彼女はそのルックになりきっていたわ。どこを切り取っても、しゃれたロックスターのようだった」

快適なシューズから、カラーサングラス、そして、アクセントの効いたアクセサリーでコーディネートすれば、プロのアドバイスによるフェスティバルスタイルの完成!

さて、夏フェスシーズンに向けたあなたのClassic Leatherシューズのスタイリングは?ぜひハッシュタグ #ClassicLeather を付けて投稿してみて!

クラシックレザー MET ダイアモンド
¥11,880 (税込)

購入する

Recommend Contents

product