ジジ・ハディッド、フィットネスで不屈の精神を磨く

ジジ・ハディッドは“イット・ガール”として大注目されている世界的スーパーモデル。しかしそれだけではありません。彼女はアスリート、ビジネスパーソン、デザイナー、トレンドセッター、歌姫ビヨンセの大ファン、など多くの顔を持っています。

そんな多忙な毎日を送るジジが、毎日をリフレッシュして過ごすために、どんな発散方法やトレーニングを行っているのかインタビューしました。

職業柄、世間の目にさらされる機会が多いジジ。しかし、彼女は普通の人と同じく、仕事、家庭、その他の役割をうまくこなしながら、社会的、身体的、精神的に健康な状態を保っています。

「世間の注目を浴びている人は、常に“完璧”であると思われている。そのことが彼らを苦しい立場に追いやってしまうと思うの」とジジは話します。

ジジのモデルとしての仕事は、撮影現場で撮影クルー、ヘアメイクアップアーティスト、スタイリスト、エージェント、セキュリティーガードととともに行われます。撮影現場でのアウトフィットやスタイルは、彼女自身が決めたものではありません。

ボクシングリングの上は、彼女が日々さらされている世間の声や喧騒から解き放たれる安らぎの場所。両手にテーピングを巻き、リングに上がった瞬間、本来の彼女自身が姿を現します。声をあげて笑い、ピョンピョン跳ねて踊り、お気に入りの音楽を聴きながら、ミットを持ったトレーナーに向かってグローブをした拳で何度もパンチを繰り出します。

フィットネスを追求することが、彼女にとって本当の自分でいる貴重な機会となっているのです。 

過酷なワークアウトや日々直面するチャレンジを突破するために必要となってくる精神的な強さを、どうやって鍛えていくか。それらの解決策として「フィットネス」があるという事を、リーボックとジジのパートナーシップや「#PerfectNever」キャンペーンを通じて提案しています。

「リーボックと『#PerfectNever』キャンペーンは、様々なキャリアを持った女性たちを結集させ、同じ目標を目指して一緒に歩むことのできる素晴らしい取り組みだと思うわ」とジジ。

さらにジジはUFCのヒーローファイター、ロンダ・ラウジーをフィーチャーした#PerfectNeverキャンペーンを指し、「多くの人たちが私たちに完璧を求めている。でも完璧でないときのほうが私たちをより人間らしく、より普通の人にさせてくれる」と話します。

このキャンペーンは、女性たちに不完全さや欠点を受け入れ、周りの評価や期待に打ち勝つ自信を与えるとともに、リーボックが掲げる自己向上のメッセージを広めていきます。

学生時代は馬術やバレーボールチームのキャプテンとしてスポーツに打ち込んでいたジジにとって、リーボックとのコラボレーションは彼女を原点に立ち返らせるもの。

多くの人がそうするように、彼女もまた人生の最も重要な教訓を母親から学んだそうです。 

「私の母の教えは、様々な部分を成長させること。それはとても重要なことだと思うわ。スポーツが私の人生に欠かせないものになったのもその教えがあったからだし、失敗から学んだたくさんのことを今の人生の至る所で活かせているわ」

Recommend Contents

product