女優/歌手 Sumire インタビュー

リーボックブランドアンバサダーのすみれさん。女優として多忙な日々を過ごす彼女にとって、フィットネスとはどんなものなのかを聞きました。

フィットネスを始めたきっかけ

元々体を動かすのは大好きだったんですが、それと同じくらいに食べることも大好きで。好きなものを食べながら、体型をキープしたい、引き締めたいという気持ちがあって、そのためにはフィットネスをしなきゃなと思ったのがきっかけですね。キレイな体を作るために必要なことだと思っています。

いまチャレンジしているフィットネス

一番長くやってきたのでダンスやバレエが得意なんですが、最近よくやっているのはヨガ、ピラティス、レスミルズですかね。凄く楽しくやっています。それからクロスフィット! 最初はとても大変でしたけど(笑)、自分の成長を実感できるし、終わった後の達成感があるので大好きですね。クロスフィットトレーナーのAYAさんと一緒にやると、なんでもできちゃう気分になれると思いますよ!

タフなフィットネスの魅力

人間は誰でも弱いところがあって、無理だな、疲れたな、辛いなっていう気持ちがどうしても出てしまうと思うんです。でもそれは成長のために必要なステップなんじゃないでしょうか。それを乗り越えることで、成長して、強くなれるんだと思います。体がシェイプされる、筋肉が付くといった外見の部分だけではなくて、精神面も鍛えられるのがタフなフィットネスの魅力ですよね。

私も仕事が忙しくて睡眠不足が続いたり、やりたいことをちゃんとできないと、弱気になってしまうことがあります。ただそんな時でも、これは成長のためのステップだ、自分のためになることだと思えるようになったのは、フィットネスを通じてメンタルを鍛えることができたからだと思います。

目標とする女性像

強い女性に憧れますね! 今までは「Damsel in distress」(「囚われの姫」)のように、王子さまを塔の上で待っているプリンセスのような女性が憧れの対象だったと思うんですが、最近は誰かに守られるより自分の身は自分で守るという強い女性が映画でも出てきています。引き締まった凄く美しいボディで、内面からも強さが伝わってくるようなパワフルな女性になりたいですね!

日本の女性のキレイのイメージ

とにかく細いことが良しとされていたのが、少しずつ変わってきているんじゃないかなと思います。食事制限をするだけでは不健康になるというか、ハッピーになれないじゃん!って思います。私は食べることが大好きで、家族や友人と楽しく食事の時間を過ごしたときは、凄く幸せを感じます。フィットネスをやって、たくさん食べるほうが楽しく人生を過ごせるんじゃないかなと思います。

すみれさんにとってのフィットネス

日々をともにするパートナー的な存在であり、充電器みたいな存在でもあります(笑)。辛いことや大変なことがあっても、フィットネスを頑張ると精神的にも復活できるんです!

Recommend Contents

product